タグ:委員長は催●アプリを信じてる。

FANZA 同人【委員長の催眠海水浴】
FANZA 同人【委員長の催●海水浴】
▲サークル : STUDIOふあん ▲無料体験版 : なし ▲サンプル画像 : 7枚
▲同人誌 (ページ数 : 74ページ) ▲シリーズ : 委員長は催●アプリを信じてる。
▲ジャンル : 委員長 巨乳 純愛 ラブラブ あまあま 退廃 背徳 インモラル アナル 中出し


【作品内容】
逆催●+底なし性欲ムッツリ委員長+ラブコメメス奴●調教。フルカラー74ページ

学級委員長の「黒田皐月(さつき)」は俺に催●アプリをかけてきた。
俺は効いたフリをして何度も生セックスした、が、
催●は解かれ、セックスは無かった事になり、付き合えなかった。
失意の夏期講習で委員長と出会い、彼女は催●をかけてきた。
「俺は夏休み中、彼女と付き合っている」設定。従おうじゃないか、その設定!
ヤリまくりの夏期講習の帰り道、俺は彼女の浜辺の別荘に誘われた。
海水浴お泊りイベント!皐月とやってやってヤリまくって、必ず彼女の真意をつかむ!
この旅が終わる前に、彼女の催●を打ち破れ!俺とのセックス、なかった事にはさせない!!

FANZA 同人【委員長の催●海水浴】続きを読む


FANZA 同人【委員長の催●夏休み】
▲サークル : STUDIOふあん ▲無料体験版 : なし ▲サンプル画像 : 7枚
▲同人誌 (ページ数 : 83ページ) ▲シリーズ : 委員長は催●アプリを信じてる。
▲ジャンル : 催眠 調教 学園 ポニーテール 委員長
巨乳 言葉責め 屋外 パイズリ フェラチオ 中出し


【作品内容】
逆催●+底なし性欲スケベ委員長+イチャラブコメ作品。
83ページ(カラー62ページ)

学級委員長の「黒田皐月(さつき)」は俺に催●アプリをかけてきた。
俺は効いたフリをして何度も生セックスした、が、催●は解かれ、
無かった事になり、付き合えず夏休みを迎えた。悶々として通う夏期講習。

なんと委員長の黒田皐月も通っていた!(彼女は東大コース)
そしてやはり、黒田は催●をかけてきた。

暗示は、夏休み中、俺は彼氏の設定。
もちろんかかったフリをし、即ヤリまくった。
教室で、多目的トイレで、路地裏で、ラブホテルで、中出ししまくった。

夏が終われば、またきっと催●は解かれ、二人のセックスは無かった事になる。
夏休みが終わる前に、彼女の催●を打ち破れ!俺とのセックス、なかった事にはさせない!!

※本作品はシリーズ作品ですが、ここからでも問題無く使用出来ます。

FANZA 同人【委員長の催●夏休み】続きを読む


FANZA 同人【委員長はまだ催淫アプリを信じてる。】
▲サークル : STUDIOふあん ▲無料体験版 : なし
▲サンプル画像 : 9枚 ▲同人誌 (ページ数 : 82ページ)
▲シリーズ : 委員長は催●アプリを信じてる。 ▲イベント : コミックマーケット98
▲ジャンル : 催眠 学園 ポニーテール 屋外 パイズリ フェラチオ 断面図あり 中出し


【作品内容】
逆催●+底なし性欲スケベ委員長+イチャラブコメ作品。
82ページ(カラー66ページ)

終業式間近の和やかな教室。俺は催●アプリのおかげで、
学級委員長の「黒田皐月(さつき)」と童貞と処女を捨てて何度も生セックスした。

それからしばらく、委員長は何事もなく、本当に何もなかった様に振舞っていた。
あの凄まじいどスケベセックスは、もしや本当に催●でみた夢だったのか?
そして今日の放課後、突然の黒田の予想外過ぎる行動に、俺は…やはり黒田を乱暴に犯した。

※本作品は「委員長は催●アプリを信じてる」の続編ですが、ここからでも問題無く使用出来ます。

FANZA 同人【委員長はまだ催淫アプリを信じてる。】続きを読む


FANZA 同人【委員長は催眠アプリを信じてる。】
▲サークル : STUDIOふあん ▲無料体験版 : なし ▲サンプル画像 : 9枚
▲同人誌 (ページ数 : 121ページ) ▲シリーズ : 委員長は催●アプリを信じてる。
▲ジャンル : 催眠 黒髪 委員長 ポニーテール ラブラブ
あまあま ビッチ 淫語 フェラチオ 処女 連続絶頂 中出し


【作品内容】
効かない催眠をかけてくる委員長
逆催眠+底なし性欲スケベ処女+イチャラブコメ作品。
121ページ(カラー16ページ)

期末試験が終わり和やかな教室。「催眠アプリ」が流行りだした。
もちろん効果は無い。効いたフリをしてムチャ振りをするゲームだ。

平凡な俺は陽キャ達の遊びに乗じて、
●●時代に疎遠になってしまった学級委員長の「黒田皐月(さつき)」に
話しかけるきっかけを作ろうとするのだが…

黒田の予想外過ぎる行動に、俺は…

FANZA 同人【委員長は催眠アプリを信じてる。】続きを読む

↑このページのトップヘ